スキンケアのコツ

日焼け止めと美白スキンケアのダブル使いで美肌をキープ

更新日:

紫外線は年々増加傾向にあると言われており、ほぼ一年を通じて私たちの体に紫外線が降り注いでいると言っても過言ではありません。

その中でも真夏の紫外線は格別に強く、平均して冬季の2倍と言われています。
冬の日照時間は夏に比べると短いものの、紫外線対策を何もしないとお肌へのダメージが蓄積されていってしまいます。

そのため洗濯物を干す時や、車の運転、また夕方のお買い物の時など短時間であってもきちんとUVケアを行う必要があります。
また、朝に十分に日焼け止めを塗っていても夕方まで同じ効果は期待できないため、再度塗り直す必要があります。

シミや日焼けの原因になるUVAとUVB

地上に届く紫外線はUVAUVBの2つの種類があります。

紫外線のうち95%を占めるUVAは、肌の奥深くの真皮まで到達してお肌の奥の真皮層やヒアルロン酸などを作りだす繊維芽細胞にダメージを与えます。
その結果肌の弾力が失われてしまい、シワやたるみといった老化現象を引き起こします。

次にUVBですが、これはUVAよりも強いエネルギーを持ち、短時間浴びただけでもお肌にダメージを与えます。
UVBを浴びたお肌は細胞を損傷して赤くなったり、メラニン色素が沈着してシミやそばかすの原因となります。

これらの紫外線から肌を守るためにも、今の時代は紫外線対策とスキンケアがとても大切になるのです。

それぞれのシーンに適した日焼け止めを使いましょう

それではどのような日焼け止めを選んだら良いのでしょうか。

ドラックストアに行くと、クリームやスプレー、ジェルなど多くの日焼け止めアイテムが売られています。

日常生活とレジャーに行く時で同じ日焼け止めを使用している方も多いかと思いますが、なるべくそれぞれのシーンに合った日焼け止めを使用するようにしましょう。

例えば、顔用と体用で使い分けることは大切です。
顔は同じ皮膚でも体に比べると敏感な部分なので、きちんと顔用に作られた刺激の少ないものを選ぶと良いでしょう。

最近では日焼け止めとファンデーションの両方の役目を果たすBBクリームや、さらに美容液成分がプラスされたCCクリームが多く登場してきています。

体は首やデコルテ、腕などカバーする範囲が広く、また汗で流れやすいため伸びと持ちが長い商品を使用すると良いでしょう。

UVクリームなどに表記されているSPFは、主にUVAをカットする目安の数値で、SPF1だと約20分の紫外線カット効果があります。
人によって個人差はありますが、通勤やお買い物などの日常生活ではSPF30以上、レジャーでは50以上のものを使うのがオススメです。

夏季シーズンは汗で流れると効果が薄れてしまうので、1日を通して紫外線が強い10時と14時頃に塗り直しをすると効果的です。

美白スキンケアで紫外線の影響を肌に残さない

日焼け止めと同時に使いたいのが、美白スキンケア。
以前は色素が沈着したお肌を白くする目的の商品が多く見られましたが、最近では研究が進み、メラニンの生成を抑えるように働きかけるスキンケアが主流となっています。

日焼けが原因で水分不足になっているお肌を保湿する成分も配合されており、ダメージをケアしながらシミができにくい状態にしてくれるという効果も。

真夏の夜はスキンケアしなくても大丈夫…と思いがちですが、お肌の内部は紫外線やエアコンで思ったよりも乾燥しています。
美白スキンケアは暑い日でも快適に使えるように、さっぱりした質感のものが主流となっています。

夏にきちんとケアができていると、乾燥が進む秋冬も快適に過ごせるようになります。
自分に合った日焼け止めと美白スキンケアで、美肌をキープしましょう。

-スキンケアのコツ

Copyright© ディセンシアサエルの美白効果は?口コミとお試しセットで検証! , 2018 All Rights Reserved.